FC2ブログ

自己主張の強すぎる人

予約投稿にて


自己主張の強すぎる人

・・・・・と仕事上でもプライベートでも、お付き合いするのって疲れませんか?


夜勤で2連続当たった、Mさん。

仕事上の職場のルール、無視!
雑談中の何となく言った意見、無視!
絶対に自分の主張・やり方でやる人。

正直疲れました。



この病院では「こういう手順と決められているので~」と言っても「いいのいいの!私がやるんだから!」でスルー。
なので、Mさんの仕事には一切口を挟まないことにしました。言われなければ手も出さないように。
そうすると、突然ふってきて、アレやれコレやれ。
これはどう処理するの?と聞いて来て、「そういうことは婦長さんを通さないといけない決まりだから日勤で婦長さんが来るからそれまで待ってはいかがでしょう?」と言えば、「いいのいいの」って、じゃあ聞くなよ!(# ゚Д゚)

休憩中の雑談でとある先輩のにおいの話になり、「柔軟剤が強すぎる」とMさんが言うので、「白衣に着替えるのだから柔軟剤ではないのでは?」というと「柔軟剤だよ!だって私も家で洗ってくるもん」と。
その流れで「(私が)夏場でも白衣を家で洗うのには抵抗がある」と言えば「家で洗わなきゃ汚い。ファブリーズ?そんなもの効果ない。家で洗うのが一番!」と。


常に自己主張が強く、職場のルールは無視。
雑談はどうでもいいんですけど、職場の決まりごとに関しては無視もできないので、婦長さんの耳に入れて帰路につきました。



なんなんでしょうね。
人づきあいって難しい、と思った夜でした。


古き良き、を守る個人医院では、道をはずれるとしっぺ返しが来る。
今までMさんは大きい病院に勤めてたからマイルールが適用できたかもしれないけれど、この病院では無理。
そういうことを一度話したけれど「いいのいいの」でなにひとつ伝わらず。。。


話しするのも疲れる。




自己主張の強すぎる人、どう処理したらいいんでしょうね?





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ぴい様

こんばんは

> こういう人を相手にすると
> 本当に疲れますよね。
疲れます。。。。
仕事に支障のない範囲ならばスルーして流しますが、仕事に影響があると本当に困ります。
婦長に報告したので、今後何かしらの対策を練ってくれることを願います。

> 職場のルールがあるのに
> いいのいいのは。。。
> きっちり主張しておかないと
> 祐希さんまで、とばっちりを受けますもんね。
ボイスレコーダーでも使いたいところですが、今の職場はそういうことを異端ととらえるので、逐一報告をあげます。
逐一報告をあげることでわが身を守りたいです。

> 自分の身を守る為のお守り(^_^;)
にボイスレコーダーをつかえたらどんなにありがたいか。。。。



コメントありがとうございます
それではまた

こんにちは。

こういう人を相手にすると
本当に疲れますよね。

支障のない事は
お好きにどうぞと
適当にあしらっておけばいいですが
職場のルールがあるのに
いいのいいのは。。。
きっちり主張しておかないと
祐希さんまで、とばっちりを受けますもんね。

いくら言っても無理そうなら
私だったらボイスレコーダーに録ってしまいます。
自分の身を守る為のお守り(^_^;)
プロフィール

祐希

Author:祐希
看護師でちょっとメンタル弱いです。
90年代アニメ(声優さん)・ゲームが好きで、ネコに遊ばれてます。
FictionJunction(Yuuka)/Kalafina/中島みゆき/GRANET CROW/岡崎律子(敬称略)などの音楽を聴くことが趣味です。
ときどき(?)妄想の世界に入り込むことがあります。

大人になりきれない大人ですが、よろしくお願いします。


<家族>
ハルキチ(女の子) 12月27日生まれ
女王様系女子
→虹の橋で待っていてくれます

ユキト(男の子) 11月3日生まれ
温厚男子 長男

チビマル(男の子) 生年月日不明 8月頃
やんちゃな次男坊
→虹の橋で待っていてくれます

サクラ(女の子)  7月29日生まれ(本当は5月 家に来た日を誕生日とします)
甘えん坊次女(=^・^=)

最新記事
最新コメント
お友達リンクさま マイリンク
カテゴリ
ハルキチ にくきゅう証明書
にくきゅう証明書 ブログパーツ用
あんもにゃいと ハルキチ
あんもにゃいと ハルキチ 小
ユキト にくきゅう証明書
ユキト にくきゅう証明書
アタシ様倶楽部 会員証
アタシ様倶楽部 会員証
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
なにかご意見ありましたらどうぞ。 (パスワードの申請もこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文: