壊れてしまったのか?

このごろ、寝れないんです。

疲れてるんだけど眠くなくて、21時過ぎに眠剤飲んで、2時間ほどタイマーでエアコンつけて、エアコンが切れるまでに3度ほど目が覚める。
タイマーが切れたあとでも、何度も目を覚まし、眠れない。

ふと仕事が途切れた時、ふと何かやっていることが終わった時、どうやったら死ねるのか?
そんなことばかり考えてしまいます。



きっかけは伯母への電話。父方の。
近所に住んでいて、私の書道の師匠です。
父が病に倒れてから、何かと手伝ってくれていました。
母のストレスが限界に達しているように感じ、ショートステイをと考えました。
私や母が言うより、伯母から言ってもらった方が父も納得するのではないかと思い、相談したことがきっかけです。

そこで、母への侮辱の言葉、父は婿養子だから母方の親戚と私・兄・母がみる義務があり、他家に嫁いだ自分や父の実家は関係ない、と。
退職してでも見るのが当たり前だと。(父にお金がかかるから正規職員を目指して隣町の大型施設に異動したことは話してあります)
また前回の入院費をこちらから請求したわけでもないのに「たしにしてくれ」と伯父(父の兄)からお借りしたお金のことを母にむしり盗られたたといっていることを知らされました。
同時に、私が趣味で乗っている車のことも「ああいう車に乗ることが偉いと思っているのか?」「大きな車に乗っておいて何の役にも立たない」
や、お酒やたばこを嗜むこと自体が人間としておかしい。(父の前でタバコを吸ったことは一度としてありません、お酒も休日の前の日しか飲みません)
などなど、伯母の今までの不満が爆発したようで、聞くに堪えない暴言の数々を吐かれました。



母方の親戚が父の介護に携わらない理由は、父が母方の法事や行事ごとに一切参加せず父は親戚の一員として認められてないからです。
参加しなかった理由が、バイクで遊びたいから、だったため、母方の親戚は完全に父を見捨てたんです。




私の許容量を超えてしまい、死ぬことしか考えられなくなりました。
ハルキチに会いたい、と。
会いに行きたい、と。


いのちの電話に電話して話を聞いてもらって、それでもダメで母に助けを求めました。

今は伯母の家・伯母の携帯電話は着信拒否に設定してあります。




ただでさえ、正規職員への道がかなり険しく許容量ぎりぎりまできていたんです。(法人の規約で4月10月しか正規採用をしないことを初めて知らされ、かつ看護の正規職員になるためにはオンコール対応とユニットからの信頼が得られないとダメとのことでして、オンコールは理由も聞かされず入ってないです。4月まではとても待っていられない経済状況です。元いたグループホームの管理者に助けを求め、局長と相談するよう勧められ相談しましたが事態は改善せず)
そこへきての伯母からの話はとても私の許容量で受け止められる範囲を超えていて、眠れない、音楽を聴いても気持ちが乗らない、曲によっては涙が止まらない、運転でさえ困難になりつつあります。
眠れないから仕事にも支障をきたし始めています。




私は壊れてしまったのでしょうか?





明日定期受診日です。
本来なら療養休暇をもらいたいところだけど、今、療養休暇をとると正社員への道は閉ざされてしまう。
1日たりとも休むことは許されない。
どうしたらいいのでしょう。

せめて夜眠れるようになりたい。
毎日毎日希死念慮にとらわれない生活を送りたい。
ワガママなのでしょうか








関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

祐希

Author:祐希
看護師でちょっとメンタル弱いです。
アニメ(声優さん)・ゲームが好きで、ネコに遊ばれてます。
FictionJunction(Y)/Kalafina/中島みゆき/GRANET CROW(敬称略)などの音楽を聴くことが趣味です。
ときどき(?)妄想の世界に入り込むことがあります。

大人になりきれない大人ですが、よろしくお願いします。


<家族>
ハルキチ(女の子) 12月27日生まれ
女王様系女子
→虹の橋で待っていてくれます

ユキト(男の子) 11月3日生まれ
穏やか男子

チビマル(男の子) 生年月日不明 8月頃
やんちゃな末っ子
→虹の橋で待っていてくれます

最新記事
最新コメント
お友達リンクさま マイリンク
カテゴリ
ハルキチ にくきゅう証明書
にくきゅう証明書 ブログパーツ用
あんもにゃいと ハルキチ
あんもにゃいと ハルキチ 小
ユキト にくきゅう証明書
ユキト にくきゅう証明書
アタシ様倶楽部 会員証
アタシ様倶楽部 会員証
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
なにかご意見ありましたらどうぞ。 (パスワードの申請もこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文: