fc2ブログ

鉄拳制裁 決行しました

本日ゆき のちくもり


気温1℃
最低気温-4℃


風邪っぽい症状は、黄色の○ンザブロックにて、お風呂上りにはよくなってきてました。
お食事中の方が見ていらっしゃったら申し訳ないのですが、鼻水は一昨日から透明だったので、これなら問題なしです。
市販薬もけっこう効くんですね。

睡眠 やや不良 (気持ち昂っていたせいか寝つきが悪かった)
気分 +1 (鉄拳制裁に緊張があった)


ヘルパーさんがきてくれて、お料理。
ちゃんちゃん焼き
白菜のおひたし
です。

味噌(液体みそ)、料理酒、みりん、砂糖でタレができ、あとは鮭を焼いて、野菜を投入して蒸し焼き。
最後にタレをかけて、追加で少し焼いて完成!

おひたしが楽と思えるくらいには、お料理の習慣がついてきました。
茹で時間とか、プロフェッショナルにこだわるなら別でしょうけれど(;^ω^)

次回もお魚料理をリクエストしました。



そして、鉄拳制裁の会場に向けて、着替えて出発。
サクぼーに「行ってくる!!」と声をかけて。

14時開始予定、だったので、13時過ぎに着くように出かけました。

ケアマネさんに御礼と打ち合わせ。
コロナに配慮し、ボード越しに私と母親、両方を見守れる位置にケアマネさんが座ることに。
毒親云々というのは抜きにして、これからは自分の道を行くのだ! 干渉するな! をオブラートに包んで伝える。
それでダメなら、ケアマネさんが口火を切る、ということで。


母親、20分くらい前に到着。
着席し、第一声 「娘は?・・・・」

私&ケアマネさん 「え・・・・・・・・。ポカ──(゚д゚)──ン」
復旧が一瞬早かったケアマネさん 「こちらに」
母親 「ああ・・・」

すごく、出鼻くじかれた感がありました。


今日の話し合い(鉄拳制裁)をすることになった経緯を説明。

本人から~と
まずは、育ててもらったことの感謝。
転院してから、うつ病に加えて発達障害があるとわかって、それを飲み込むまでに落ち込み、さらに調子を崩し仕事を継続できず退職したこと。
退職してからもなかなか気持ちが回復しなかったこと。その過程で手帳をとったこと。
担当医に恵まれて、PSWさん、デイケアの○さんが根気よくかかわってくれて、少しずつ、少しずつ、今日に至る快復があったこと。
今日に至るまで、デイケアのプログラムを受けてもスッと飲み込めるものではなく、何度もデイケアのスタッフさんと話をしたりして、時間がかかった。
少しずつ調子がよくなってきた頃に、今までの生き方を考えたこと。
仕事をすることも苦痛であったが、今までのように働けないことも容易には飲み込みがいことだった。
苦しい時期が続き、この頃ようやく今の状態、すぐにフルタイム働くことはできないけれど、ハローワークに通えるような状態になったこと。
これから先、母親の望む道、示す道はいけないけれど、自分の道を、自分で考えて歩いていきたい。

等々を伝えました。


そしてお母さんはいかがですか?とケアマネさんが話をふったら
これから一緒に働けるように、施設で母親が仕事を始めようとしている、と。

私 (;゚Д゚)
ケアマネさん ポカ──(゚д゚)──ン

しばし、間がありました。

ケアマネさんが、言葉やわらかく、でもしっかりと伝えてくださいました。
祐希さんは、看護師という道を、病院であっても施設であっても続けることは無理です!ということを言ってくださった。
おそらく病院の先生もそういうでしょう、とも。
今までお母さんが敷いたレールにそって本人は生きてきたと思うけれど、それ自体がとても苦しかったと思います。発達障害という特性があるので。
お母さんの目の届く同じ職場で働けるように~という親心はわからないでもないが、発達障害という特性、そしてここまでの快復までにかかった時間を考えると、看護師という道に戻すのはあえて悪化させるようなものだということも。

容姿が変わったことに関しても、今まで身なりにかまっている余裕がなかっただけ。
快復してきて、それだけの余裕ができたということだ、と前向きに捉えてほしい。

本人は本人なりに、考えて動けるから、周囲があれこれ言いすぎると、ゴール近くに到達していても困って迷ってゴール手前から勧めなくなってしまう。
心配な気持ちは抑えて、遠くから、遠くから、見守る姿勢で。
周囲の人(通院先、ケアマネさん、○チイの方々)も、本人が困ったと言ったら相談に乗るけど、こちらから「どう?」なんて突っ込んでいくようなかかわり方はしていない、と。
なにかあれば、病院からでも、私(ケアマネさん)からでも、お母さんに連絡します、と。
まあたぶんないですけどね(笑) って。


経済面では、年金と今までがんばって働いた分の失業手当があるから問題はない。
それからのことは、これからゆっくり動いて、自分で考えて、進んでいくから心配はない。

・・・・ケアマネさんの演説続く。


祖母宅を、娘が帰ってくると思って少し改修した。どうしたらいい?
→ 本人にとっては、今の家で猫ちゃんと周囲の支えで暮らしていく方が良い。
母親、兄がいることでストレスが増す。声が聞こえる、生活音がする、もストレス!と。
そのままにしておいてください。

実家の荷物は?
→ 実家にあるものでないと困るものはないよね? (私うなずく)
だから、そのままにしておいてください。せかしたり、アレコレ言ったりしないように。


最終的には、「わかった」という言葉でした。
そして、母親からケアマネさんの名刺をいただきたい(=連絡先を知りたい)と言ったので、少し、ほんの少しはわかってくれたと思いたいです。


ではこれで、という時に、珈琲をというので、カフェイン断ちで飲むのをやめた、といったら渡してはこなかったです。(瓶の珈琲を渡されても処分に困るから飲みません。プラス、差し入れはなくて生活できるというアピールかねて)
後にケアマネさんから電話がきて、あの後戻ってきて事務所においていった、と。


鉄拳制裁実質ケアマネさんが拳振り下ろしてくださいました(*´∀`*)ホッ-3

後にいただいてお電話で、「PSWさんと○チイのサービス責任者さんに結果を伝えるけれどいい?」
→ はい。PSWさんにはなかなかお会いできないので。
→ 了解!


これにて、鉄拳制裁が一段落しました。



念のため、録音はしてました。
ちゃんと音声拾っているのは確認しました。
とくに録音をどうこうするつもりはなく、保険的な扱いです。



コンビニで、雪見だいふくとポテトチップス買ってきました。
今夜、ジンジャーエール飲みながら祝杯です(´∀`*)ウフフ
↑アルコールは飲むのやめたし、飲みたくもないので飲みません


なんでしょう・・・。
すごく、疲れました・・・。

ケアマネさんはもっと疲れたと思います。
ありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ










ご訪問&拍手&応援ぽちありがとうございます

それではごきげんよう


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

毒親卒業ステップ3 鉄拳制裁前夜

連投です


明日、鉄拳制裁をする。
その前に、伝えたいことを、まとめておきたいのでメモがわりに。


感謝(育ててくれたことへの)

精神科の治療に一緒に歩んでもらえなかったことが悲しかった。小さい頃も、寂しかったし、怖かった。
転院して、心理検査をして発達障害だと診断されて、今までが全否定されたような気がした。
仕事が継続できず退職、長期的な療養生活になったこと、仕事に戻れないこと、ただただ悲しかった。
そういう気持ちに、寄り添ってほしかった。

今更、ああしてほしい、こうしてほしい。小さい頃にああしてほしかった、などと言っても解決しないし、私もそれは望んでない。

わざわざ言いたくはないが、我が家(母方の○○家)は機能不全家庭であり、母親は毒親だということ。
興味があれば調べればいいし、なければスルーしてもらって構わない。


うつ病、発達障害、機能不全家庭、が重なったことで、一人で乗り越えるには厳しい、難しいことがたくさんあった。
この休んでいた期間で少しずつ前を向けるように人生を再構築していく過程はすごく苦しかった。
それでも、担当医をはじめ通院先のスタッフの皆様、ケアマネさん、保健師さん、○チイのヘルパーさんに支えてもらって、なんとか復職を考えられるような時期まで来れた。
けれども、無理をすると悪化してしまうので、今までのような働きかた、生き方はできない。

これからは、母親の望む形での仕事・生活はできないけれど、それでも自分の道を探しながら、進んでいきたい。

私が未熟な人間だったこともあり、母親には迷惑をかけたと思う。それは申し訳ないと思う。

母親にしてほしかたこと、してほしくなかったこと、色々あるけれど、今更どうこう言っても仕方のないことであり、求めてもいない。

私の道を進んでいくにあたり、今後母親にしてあげられることはない。
母親から何かをしてもらうつもりも無い。

だから、これからは、私は私、母親は母親、兄は兄、それぞれの道を進むのがいいと思う。
兄がどう思っているかはわからないけれど。
少なくとも、私は、今後の親戚付き合いや介護問題に手は出せない(経済力がない、自分のことを立て直して行くので一杯)



というところでしょうか。










以上


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

毒親卒業ステップ2 (母親のこと)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

毒親卒業ステップ 1(父親のこと)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

鉄拳制裁の内容(伝えたいこと)

連投です



ケアマネさんから電話があり、母親への鉄拳制裁の日が決まりました。
決戦は、再来週です。


終着点は、私は私、あなた(母親)はあなた、それぞれの生活をしましょうよ、というところ。

どちらかが一方的に相手との距離を詰めたり、強要したり、をしないように。
私は私で自分の人生の立て直しをしている途中なのです。(母親が望むこと、にはもう応えられません)
もう年齢的にいい大人です。
通院先の担当医をはじめとしたスタッフの方々、ケアマネさん、保健師さん、ヘルパーさんがいるのだから、そっとしておいてください。
というところ。


このところ、自然な生活をしてます。
朝起きて、ご飯を食べて、出かけたり散歩したり、掃除や片付けをしたり、晩御飯を作って食べて、お風呂に入って、だいたい決まった時間に寝る。
サクぼーと触れ合いを大切にして、相棒・インプ君との触れ合い?を楽しみにしてます。
仕事〜!!!と生きてきた頃より、すごく自然な、ナチュラルな生き方だと思います。

退職してからは1年ですが、その前から長期療養に入っているので、1年半〜2年休んでます。
最初は不安でした。
仕事ができない、つまりは収入がない。
お金でしか物事を測れなかったから、不安でした。
↑今だって、不安がないわけではないですが、そこの執着が薄くなってきました

うつ病だ、ということはわかっていたけど、自閉スペクトラム障害だと言われて、今更なんだよ!?という飲み込み難いことがありました。
通院先のスタッフさんに仕事を取り上げられた、と怒ったこともあります。
プログラムを受ける中で、理解が追いつかなかったり、納得がいかなかったりして、苦しかったです。
スタッフさんとの関係も、苦しかったです。
変わりたい、変わらなきゃいけないのに変われないともがきました。
仕事の夢を見て、うなされてうなされて、辛かったです。
長期療養に入って、夏頃までは仕事はしていなくても、すごく すごく 苦しかったです。


毒親に関する動画を見ている時間が増えました。
そして、少し冷静に父親を見た時、憎しみや怒り、幼少期に感じた恐怖が全くないわけじゃないけど、不器用ながらに気にかけてくれたこと、思い出しました。
昭和20年代生まれの父親が、晩御飯作ってくれたり、外食を誘ってくれたり、生活の知恵や車のことを教えてくれました。
本気で怒ってくれたこともありました。
父親の全てを許せたり、受け入れられるわけじゃないけど、私は父親のことそんなに嫌いじゃなかったな、というところになりました。
↑まあ許すの許さないの、受け入れるの受け入れないの、という話じゃないことはわかってます

父親が指定難病になった時、あの時はああいう対応が限界だったけど、酷いことしたなと悔いる気持ちがあります。


母親のことは、まだそこまでは思えません。
母親なりにがんばってたんだろうな〜とか、お弁当を持たせてくれたし酷いばかりではなかったな〜くらいです。
それ以上はまだ、思えません。


長期療養生活で、少しばかり視野が広がった気がします。
自分への厳しさを少しばかり緩めることができた。
こうでなくてはならない!ということが、まあいいか〜と思えるようになった。
ご飯はカロリーをとればいいというものではないことがわかった。
ご飯を作ることやお風呂場の掃除とか、家事っぽいことの面白さがわかるようになってきた。
散歩の楽しさがわかるようになった。
家にいられないタイプの性格だったのが、家での時間を楽しめるようになってきた。
早く死にたいと切実に考えていましたが、まあ長生きはしたくないけど、死を積極的に望まなくなりました。

少しずつ、人間らしい楽しみを味わえるようになってきました。

まだできないこともたくさんあるけど、苦手なこともたくさんあるけど、それでも苦しみもがく中で成長したと思います。

鉄拳制裁!と表現したけど、母親に怒りをぶつけるつもりはないです。
もちろん、ゲンコツするつもりもないです(笑)


ただ、医療福祉のおかげで、人間らしい生き方ができるようになりました。
父親のことも、憎しみや怒りばかりではなくなりました。

これからも、少しずつ、亀より遅いと思うけど、迷走することも多いと思うけど、ゆっくりと成長しながら、自分の人生を生きていきたいと思います。

私は私の人生を行きます。
だから、あなた(母親)はあなたの人生を行ってください。
私は、手帳○級で、うつ病&発達障害もあるから、これから先積極的な支援をすることはできません。
身体的にも、経済的にも。(その分、兄に負担がかかってしまうと思うから、遺産的なものはもらうつもりはありません)
そこは申し訳ないと思うけど、わかってください。


という内容なのかな?と思ってます。


わかってくれるか? 微妙だと思うけど、自分の言葉で伝えられたらいいなと思います。
↑ケアマネさんが電話した時に、無理っぽいかもと言ってました


修正も加えるとは思いますが、だいたいそんな感じです。


私の生活、人生は、このまま歩んで行くので、過剰な接近はしないでほしい。
私からの、支援(介護的なものも含めて)は期待しないでください。
ということ。









以上


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
プロフィール

祐希

Author:祐希
90年代アニメ(声優さん)とゲームが好きで、ネコに遊ばれてます。
中島みゆき/GRANET CROW/TWO-MIX/岡崎律子/声優さんの歌(敬称略)などの音楽を聴くことが趣味です。

<家族>
ハルキチ(女の子) 12月27日生まれ
女王様系・女帝系女子
→虹の橋へ

ユキト(男の子) 11月3日生まれ
温厚男子 長男
→虹の橋へ

チビマル(男の子) 元ノラ猫
やんちゃな次男坊
→虹の橋へ

サクラ(女の子) 7月29日生まれ
甘えん坊次女
→同居中


ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援してくださると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 反復性うつ病性障害へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
相互リンクのブログ様
ハルキチ にくきゅう証明書
にくきゅう証明書 ブログパーツ用
ユキト にくきゅう証明書
ユキト にくきゅう証明書
あんもにゃいと ハルキチ
あんもにゃいと ハルキチ 小
アタシ様倶楽部 会員証
アタシ様倶楽部 会員証
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ