ご案内

当ブログについての説明です
はじめての方は必ずご覧ください。

もし、この「ご案内」を見ずに気分を害された場合、責任は負いかねます。
↑その場合の苦情は受け付けません。


※時々修正しております。


ご理解いただいているとはは思いますが、問題がおこる前にあえて明記します。
ここは、私、祐希の妄想&アニメ・声優さん&音楽&ネコ&車、について語っているブログです。
もちろん、まともなことを書いているときもありますよ。一応、社会人ですから(^^♪
ただ、うつ病・ADHDの治療中ですので、ん?と思われる記事を書く可能性はあります。。。

私としてはこれらのことについて書くべきか否か悩みました。
結果、扱っている内容が非常にデリケートなものであるため、あえて書かせていただきました。


追記をご覧ください。



緊急告知
当ブログは相互リンク可ですが、リンクフリーではありません。
リンク貼る前に必ず一声おかけください。
同時に 一見さんお断り です。
見ず知らずの方に リンク貼りました と言われるのは非常に困ります。(←こういうことが数件あり書かせてもらいました)



2017年1月22日 修正


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

車間距離あけてください

通勤路。

帰り道なんですけど、急坂の頂点が交差点のど真ん中になる道があります。

停止線で止まると、かなりつらい坂道発進になります。
↑停止線に止まらないとセンサー式なのでいつまでたっても青信号にはならない道。


今日の帰りに、私が先頭となり、停止線で止まりました。

後続車、来ないでくれ~~と願ってましたが来てしまいました。


その後続車が、ぴったりと私の後ろにつけるんです。
↑だいたいのドライバーさんは距離を開けて止まってくれますが、時々ビタ付けするドライバーさんがいます


今日はビタ付け。

いつも、右足でブレーキ分で止まり、止まっている間にブレーキペダルを左足でも踏めるようにゆっくりと右足をずらして右メインで踏み、交差点のもう一方が赤になったら完全に左足ブレーキに切り替え、目の前の信号が青になったらゆっくりと右足でアクセル踏み込みながら左足ブレーキを離して発進してます。

ブォン!!と吹かしたくはないので、ゆっくりめに右足アクセル踏み込むと一瞬車が後退するような感覚?があります。

その時に、ビタ付けされると後続車にぶつかりそうで怖いです。




急坂からの発進。
(日頃から父にこの道でこの路面でこうしたらどうなるか、安全を確認してから試してみろ、と言われていたので、後続車がいないときに一瞬アクセル離したら後退しました)
MTでもATでも、若干はクルマが後ろに動く可能性、ゼロではないと思うのですよ。
うまい人は別でしょうけれど。

そういう時に備えて、車間距離をとってほしいと思う今日この頃です。

これがもし雪道だったら。。。。
ブォンと吹かすとタイヤ空転する可能性がありますよね。
滑ってぶつかる可能性もある。



運転には常に危険がつきもの。

事故になってお互いに嫌な思いをする前に、KYTをしながら運転してほしいと思います。


あまりにビタ付けされると、当たり屋か!?と思ってしまいます。。。。









ご訪問&拍手&コメントありがとうございます

それではごきげんよう


関連記事

ハイハイでやり過ごそう

職場には、お局2人、こうるさいおばさま数名、キャンキャン吠えるケアさんのリーダー、とまあにぎやかです。

患者さんにかかわることで腹が立つこともあります。
それで叱られること数回。


もうね、私の信念も理想もすべて曲げて、何を言われても「はいはーい」でやり過ごそうと思います。
自分が直接患者さんにかかわるときだけはちゃんとして。
それ以外は「ここは動物園 また吠えてるよ」とスルーする方向で。



今日もケアのリーダーYさんに「○さんをトイレ誘導しますね」と伝えてトイレへ。用を済ませて手を消毒してもらっていると「トイレしましたか? 出ましたか? どうでした?」と、家の実家の隣の家のマメ(ミニチュアダックスフント)よりもうるさい口調でキャンキャン喚いてました。
少しばかりムッとしたけれど、何か言い返せばまた、やれ年長者を敬えだのなんだのと災難がふりかかってくるだけ、と思い「お手洗いは済ませました ソファーで休んでもらいますね~」でスルー。



私の中で、職場は動物園
働く人は、動物園の動物
喚くだけ喚かしておけ
と思うことにします。

ただし、無実の火の粉が降りかかった時だけ払いのける。

という方針に切り替えます。

その方が楽でしょう。


動物園のキャンキャン喚く動物と一緒に、お仕事させてもらいます。











ご訪問&拍手&コメントありがとうございます

それではごきげんよう


関連記事

最近

最近、仕事行くのが嫌になってます。

まあ好きで行っている人は少数でしょうけれど。


私なりの患者さんへの責任の果たし方・かかわり方・ケアの提供方法、いろいろとありますわ。
無駄に10年近く看護師やってたわけじゃないから。
私のやってることのすべてが正しいとは思ってない。
間違いも、勘違いも、思い込みもあるだろう。
だけど、今の病院のやり方に納得がいかない。

病院によってマニュアルがあってそれぞれ違うから合わせなきゃいけないんだけど、合わせると患者さんを軽視した看護になってしまいそこに納得がいかず、そんなことしたくないわ!ってなってしまう。

なんでもかんでも“様”付けすればいいてもんでもないだろう。
私の主治医によると、対等な関係だから“さん”、患者さんを患者さん自身の意識面を高めるために“様”と使い分けるのだそうだ。
そういう言われ方をするならば納得。
ただ、今の医療を取り巻く環境を考えると、少なくとも患者さん・ご家族にメモを残す、或はメモを見られる可能性があるときは“様”または“さん”と書いた方が無難なのではないかと思う。




今日、とある方の朝食が提供されていない、という事案があった。(普通のお食事ではなく、栄養ゼリー的なものだったため間違えが起こった様子)
T先輩は栄養課に「こんな時間なんだから事故報告書だ!」と息巻いていたし、そのまま栄養課の人に伝えた。
ところが実際は栄養課からは提供されていて、朝のケアさんが間違って冷蔵庫保存にしてしまったため、朝食が提供されないという事案になった。
該当ケアさんは患者さんに謝った方がいいのでは?という話をしていたら、T先輩が来て「あんたは上の人間を敬うんでしょ だったら(該当ケアさんを先輩だからと)敬って そういうことを言うものではない」と怒鳴り込みがありました。
通常なら敬い何も言いません 今回は患者さんが朝食を食べられなかったという被害?があったから言っただけ
何をどう言っても理解されないようなので、T先輩と該当ケアさんに謝ってきました。
どーもすいませんでしたね~~~~~(心の中は)、的に、気持ちを込めての謝罪ではないけれど。



ここまで何もかも合わないのならば、辞める、という選択肢が一番だと思う。

だけど、今辞めても腰痛で日常生活がぎりぎり送れるだけの体しか残らない。
それじゃバカみたい。
今の病院で痛めたのが決定打となった今回の腰痛。
せめて治してからでないと、アホらしい。

今の病院の「職員は1割負担制度」を目いっぱい利用して、利用しつくして、腰痛治したら…と思う。



ここまで書いて、なんだか荒んだ考え方してるな~と思う。

でもまあそれが正直な気持ちだから。

仕事行くのが嫌で、先輩としゃべるのも一緒に仕事するのも嫌で、無断欠勤してやろうかとも思うけど、実行に移すほどの度胸はない。

小心者で、薄汚い考え方しかできない人間の末路は、どこへたどり着くのでしょうね














ご訪問&拍手&コメントありがとうございます

それではごきげんよう


関連記事

何でもかんでも私を犯人扱いしないでほしい

昨日のことです。

午後、落ち着いた時間帯にとある患者さんと点滴の滴下を確認しながら話をしてました。

そこへ突然、「○○さん!!!」と私を呼ぶ怒鳴り声が。
何事かと振り向くと、私を忌み嫌っているかのようなお局、S先輩が鬼の形相で立ってました。

S先輩は「今日留置針を刺した?」「今日刺し替えをした?」と新幹線のごとく矢継ぎ早に詰問してきました。
私としては内心、はぁ?(´Д`)ハァ… 状態でした。

で、刺し替えはしていない、お一人翼状針で点滴を試みたが留置できなくてT先輩とD先輩に代わってもらった、と伝えました。

が、S先輩は「他には! 誰か刺し替えてないの!!」とまだ詰問は続きました。

意味わからん・・・・・

話しをしていた患者さんに「何事かあったようなのでちょっと失礼します」と伝え部屋を出てナースステーションへ。



そこでH先輩から話があり、ようやく状況が把握できました。
サーフロ針(外筒が柔らかい筒状になっていて、内筒が外筒より少し長くなっていて鋭利な針になっているもの)が針捨てボックスではなく普通のごみ箱に捨ててあり、ごみの回収をしたHさんが針刺し事故の被害者になってしまった、ということでした。

S先輩は、私は今日刺し替えはしていない、といってもなかなか納得されない。



最初の怒鳴り声から約10分後、ようやくT先輩とD先輩に話がいきました。
お二人とも記憶はあいまいと。
でも外筒と内筒が収まった状態で捨ててあったから、外筒を患者さんに留置したT先輩とD先輩ではない。
となれば・・・・、夜勤か前日の勤務者か、ですよね。

ここで腹立たしいのは、私には般若の形相で詰問しておきながら、T先輩とD先輩には「思い出して~~」と口調が全く違うこと。


何でもかんでも新参者の私が犯人か!!とキレそうになるのを我慢。


点滴の調整が必要だった、私が話をしていた患者さんのところに戻ると、「大丈夫だった? (具体的なこと話ししてませんが濡れ衣きせられそうになったことについて)酷いもんだなぁ」と慰めのお言葉をいただきました(´;ω;`)




婦長さんに、今日の出来事、何かあるとすぐ私を第一に疑い、時には手を出してくることがあることも含めて報告し、今後どうしたらいいのか相談しました。

S先輩は婦長さんの前では基本的にそういうことはしませんが、一度私を軽く叩いた場面を目撃している婦長さんは一応私の話を信じてくださりました。

言うなら直接的に言うしかない。注意するのは構わないがそうするとますます攻撃が激しくなることが予想される。今は少し様子を見るのがいいのではないか、また今後主の業務が入れば少しは離れることができるから丸一日かぶるような勤務を組まないよう調整する、とのお言葉でした。



えらい目にあいました。。。。。。




私の勤める病院は何かあると
一にも二にも犯人探し、犯人が確定すると問題は解決したかのようにふるまう、負のループが蔓延してます。

そうじゃない。
何かあったなら、当人に注意はするが、次に同じ問題が起こらないように対策を練ることこそが重要でしょう?
犯人探し、発見、ハイ終了、じゃないでしょうに。







わけのわからない病院だ\(^o^)/オワタ


今朝のリハビリの時に、○Drには昨日のことは話しました。
針刺し事故があったことはご存知なかったようですので、経営者側の○Drに把握しておいてもらわないと。












ご訪問&拍手&コメントありがとうございます

それではごきげんよう


関連記事

上に立つ人って

今日、出勤と同時に急変した患者さんがいて、タイムカードおすのもままならぬほどの忙しさでした。

申し送り中、急変した患者さんについてバイタルチェックしながら声かけたりして、緊急内視鏡へお連れしました。(吐血だったため)


内視鏡室にお連れしてからは、病棟の業務を痛む腰を必死に歯を食いしばってこらえ、処置して、おむつ交換して、口腔ケアして、やっとの思いでナースステーションに戻ったら、ペア組むはずだったH先輩はそれはそれは優雅にカルテに日付印おしていらっしゃいました(# ゚Д゚)

日付印おすことも業務の一つだけど、優先順位考えろよ!と怒鳴りたくなる気持ちを堪え、処置の片づけを始めたところで、H先輩から「内視鏡室から戻った○○さんの心電図モニターが映らない 見てきて」と。

急変して吐血して、血圧50台しかない患者さんのモニターが映らなかったら何を差し置いても走れよ!と思いながら、痛む腰を抑えながら小走りで伺うと、モニターの電源コードが入ってませんでした。
つまり、モニターがナースステーションに届かなかった原因はバッテリー切れ、ということです。
危機感ない人たちだな~と思いながら電源コードを入れ、バイタルチェックしてたところに主と呼ばれるメインの人が来たので、電源コードが入ってない旨伝えました。

その主の人も何ら危機感なし。
報告したとき「ああそう」と。

その後も必死に駆け足で業務をこなし、やっとの思いで定時オーバーして業務終了。
ほっとしていたところに外来の先輩方が戻ってきました。
そして、自分たちだけの超勤をきっていかれました。
同じく超勤した私はスルー、同じく超勤した私より先に就職したNさんには「超勤きってね~」と声をかけていらっしゃる姿を見て、ついに堪忍袋の緒が切れました。

急変患者さんのベッドサイドモニター。
アラーム音が鳴ってうるさくて休めない、というのでスリープモードにしておいたんです。(血圧が低いし、それを補うために心臓ががんばってるから心拍数上昇していて鳴りっぱなしなんですよね)
ナースステーションには同じものが映り、常時スタッフがいるからそちらで見れば良いと思って。
スリープモード、解除せずに帰宅しました。スリープモードになったその状態を私がいる間に主の人も見てますから問題なし。
(血圧は自動で10分おきに測定するよう設定済。)
↑私が就職する前に導入された機械ですから、扱えないならその人の勉強不足でしょう



上に立つ人間って、下の人間のことをある程度はフォローするのが仕事の一つなんじゃないですか?
就職したばかりの人間が超勤きりづらい分を、Nさんに声かけたように私にも声かけてくれればいいじゃないですか?
↑タイムカードをおしたのは定時以降ですから、病院側が超勤と判断するのかしないのか、今後いただく明細みてみます

仕事はお互いに補い合いながらするものでしょう?
誰かに押し付けてそれで終わり、じゃないでしょう。




とあるゲームのセリフ。
「堪忍袋の緒は切れるためにあるんだっ!!!」
・・・・・・・・・その通りかもしれませんね。




母が言うように、腰を治すためだけに働く病院、なのかもしれませんね。
↑今後は全く未定です




ご訪問&拍手&コメントありがとうございます

それではごきげんよう


関連記事
プロフィール

祐希

Author:祐希
看護師でちょっとメンタル弱いです。
アニメ(声優さん)・ゲームが好きで、ネコに遊ばれてます。
FictionJunction(Y)/Kalafina/中島みゆき/GRANET CROW(敬称略)などの音楽を聴くことが趣味です。
ときどき(?)妄想の世界に入り込むことがあります。

大人になりきれない大人ですが、よろしくお願いします。


<家族>
ハルキチ(女の子) 12月27日生まれ
女王様系女子
→虹の橋で待っていてくれます

ユキト(男の子) 11月3日生まれ
穏やか男子

チビマル(男の子) 生年月日不明 8月頃
やんちゃな末っ子
→虹の橋で待っていてくれます

最新記事
最新コメント
お友達リンクさま マイリンク
カテゴリ
ハルキチ にくきゅう証明書
にくきゅう証明書 ブログパーツ用
あんもにゃいと ハルキチ
あんもにゃいと ハルキチ 小
ユキト にくきゅう証明書
ユキト にくきゅう証明書
アタシ様倶楽部 会員証
アタシ様倶楽部 会員証
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
なにかご意見ありましたらどうぞ。 (パスワードの申請もこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文: